HOMEご葬儀の流れ

ご葬儀の流れ(仏教)

ご葬儀は全国各地での風習などによって、流れなどが違ってきます。
このホームページでは、山形県置賜地方のご葬儀のことを中心にご説明いたします。
なお、詳しいことがお知りたい時はメールやお電話でお問い合わせ下さい。


● 危篤

医師から病人が危篤状態にあることを告げられたら、知らせるべき人に至急連絡をとります。近親者、親しい友人や知人、本人が会いたがっていると思われる人に知らせます。


臨終

● 臨終

医師が臨終を宣告しましたら、遺族及び枕元にいらした親しい友人、知人の方は血縁順又は、親しい順に末期の水(死に水)を含ませて下さい。 医師の立会いが無く御臨終の場合は警察による検死があり解剖が必要なときもあります。
終わりましたら葬儀社、菩提寺にご連絡をしてください。


打ち合わせ

● ご自宅到着後

ご自宅に到着しご安置後打ち合わせになります。菩提寺がお決まりにならない場合はご紹介をさせていただいたりいたします。
御寺院様に枕元で枕経をして頂いた後、こ葬儀の規模、日時、場所、喪主、お知らせ状、お礼状、香典返し、忌中引物、壇払い会場設定その他等の基本的なお話しをさせて頂きます。


祭壇

● ご自宅の準備

すべて内容が決定いたしましたら、ご自宅玄関に御霊灯や日程表、お部屋には祭壇を設置いたします。
この時、故人への供物、仏花、だんご、ご飯等必要なものをお供えしてください。


祭壇

● 納棺

親族、僧侶の方々と共に納棺をいたします。同時にドライアイス、消臭剤にて御遺体の処置を致します。
納棺に必要なお道具は当社にて準備いたしますが、故人の愛用品や好物をご準備下さい。


祭壇

● お通夜

納棺後お通夜となります。この地方ではお通夜は近親者のみで執り行います。また故人のお友達など弔問に来られますので、お料理やお酒の準備はしておいたほうがよいでしょう。


祭壇

● 出棺・火葬

遺族及び親戚の方にて棺を待機していた霊柩車へ移動し出棺に相成ります。火葬場に到着後係員の誘導で最後のお別れ後御遺体は荼毘にふされます。 火葬の間、茶菓子及び酒類を御用意致しますので控室及び休憩室にてお待ち頂きます。
火葬終了後お骨あげを行ないます。2人1組にて足から頭に向かって行ないます。お骨あげが終わりましたら式場に移動となります。


祭壇

● 葬儀・告別式、忌中法要

開式の1時間前より受付、道案内及び車両誘導の方は担当場所に行って頂き準備をいたします。ご遺族の皆様は開式の45分前には会場にお入り下さい。 ご葬儀の所要時間は約1時間となり、葬儀式の間に告別式がございます。
ご葬儀終了後、若干の休憩の後に忌中法要を執り行います。所要時間は約30分です。


祭壇

● 壇払い

御遺骨、御位牌を安置し全員着席後、喪主様ご挨拶、導師又は世話人の献盃にて壇払いを始めます。


祭壇

● 葬儀終了後から初七日まで

八日目に自宅祭壇を撤去いたします。その後七七日忌までの後飾壇を設置いたします。また白木のお位牌は七七日忌までとなっておりますので、それまで本位牌をご準備してください。納骨は季節によって多少変わりますが、ご葬儀当日もしくは初七日まで行うのがこのあたりでは一般的となっております。
初七日までに香典帳・会葬者名簿・供物控帳・弔電・弔辞・の確認や各種支払い、立替分の清算、世話人及び手伝いの方へのお礼、香典返し、挨拶まわりなど行っていただきます。
初七日以降に各種手続きもお忘れなく。

このページのトップへ