HOME豆知識お香典について

お香典について

お香典の意味

香典には死者の霊に供える香の代わりの金銭という意味があります。故人に供物を捧げる、葬家の金銭的負担を軽くするという意味がこめられています。不祝儀袋を使用する場合は、黒白、銀白、銀一色の水引を用います。「御霊前」は、どの宗教にも共通で使用することができます。
表書きは宗教によって異なります(下記参照)。またできるかぎり薄墨で書きます。(筆ペンの薄墨タイプも販売されています。)
祝儀ではないので、新札は入れません。新札を使用する場合、折り目を入れたものを使用してください

お香典の表書き

仏式(「御霊前」と「御仏前」の違い)


「御香典」あるいは「御香料」とします。 黒白、銀白、銀一色の水引を用います。
宗派や地域によって違いもありますが、一般的には、故人が亡くなった日から四十九日以降には「御仏前」、それより前には「御霊前」となります。ですから、通夜、葬儀、告別式に持参する香典の表書きは「御霊前」、四十九日の忌明け以降は、「御仏前」になります。  仏教では人が死んでから7週間(四十九日)の間、新しい生へと生まれ変わるための準備をしているとされ、その間、現世と来世のどちらにも位置しない存在である「霊」は「御霊前」、そして四十九日後、最終審判が行われ、はじめて「御仏前」となります。 亡くなってから、7日ごとに次の生まれ変わりのための審判が行われるとされ、故人が善い世界へ生まれ変わることを願って行われるのが、7日ごとの追善供養なのです。不祝儀袋は、繰り返さないという意味を持つ結び切りの水引のもので、文字は薄墨を用いて書きます。

キリスト教式


「御ミサ料」(カトリック)、「御花料」(プロテスタント)とします。できる限り黒白、黒銀、銀一色、白一色を使用するのではなく 花柄の模様が入ったものをご使用ください。

神式


「御玉串料」「御榊料」とします。黒白、黒銀、銀一色、白一色の水引を用います。

氏名の書き方

連名の場合は、目上の人の氏名を右端に記します。
会社・団体の場合は、会社名・氏名を記します。また、代表者の役職・氏名や部署名を記したり「○○課 有志」とする場合もあります。
仕事関係の場合は、名刺を添えることもあります。

裏書き・中袋

左下に金額を漢字で記します。住所・氏名を併記する場合もあります。内袋のある香典袋の場合は、表に金額、裏に住所・氏名を記します。金額は、故人との関係・弔問する人の社会的地位などによって異なります。下記の表は、一つの目安としてお考え下さい。

このページのトップへ