HOME豆知識服装について

服装について

お通夜の場合 本来、お通夜とは家族や近い縁者の方が集まり僧侶を招き読経し、故人をしのぶものでしたが、近年ではお葬式と同様、参列者が多く大掛かりなものになっております。
皆さんも急に知り合いが亡くなったという知らせが入りお通夜に行く方も大勢いると思いますが、その時の服装には気をつけたいものです。
しかいご近所の方などでごく親しい方がお亡くなりになり訃報を聞いた時は、急いで駆けつけることが重要であり、 服装にあまり気をつける必要がありません。かえって、喪服で訪問した場合、用意周到と思われがちなのでご注意を! そして、改めて略礼装や喪服に着替えてお通夜にご訪問ください。

洋装


・略礼装かあるいはスーツの黒もしくは紺
・ネクタイは黒
・靴下は黒
・傘は黒もしくは紺
・コートは黒もしくは紺を着用
☆一口メモ
正式喪服喪主・親族・近親者、公式葬儀の場合などの服装です。詰まった襟、長袖が原則です。
くるぶしまでのロング丈の最正装は、喪主または、親族だけで、一般的には少し長めの丈でよい。

和服


女性
・黒系の服装もしくは着物を着用(喪服)

☆気をつけるポイント
・寒い季節にタイツは禁物
・派手なアクセサリーは身につけない(イヤリング、ネックレス、時計)身につけるのであれば真珠が好ましい
・派手な傘禁物。出来れば黒に近い色が好ましい
・口紅は薄めの色を塗ってください
・マニュキアは透明色に近い色
・コート、手袋なども黒系の色が好ましい

子供

中学生以上であれば、学生服などを着用。学生服がなければ上記服装が好ましい
小さいお子様がおられる方はできれば、家族の方にお預けになられた方がいいです。


準喪服

故人、あるいは遺族と親しい交際のある場合の服装です。正式喪服よりややくだけたデザインでよいが、控えめな心遣いが必要です。


略式喪服

一般の会葬、通夜、三回忌以降の法事などの服装です。華美にならない程度であれば、服種、デザインに特別な制約はありません。 色も、黒とは限りません。濃紺、グレー色であればよいですが、告別式の一般会葬の場合は、黒で統一されたほうが望ましいでしょう。 三回忌以降の法事の場合、黒色だけの暗い装いは避け、故人を偲び、供養する心で、地味な色の服装が好ましい。 この場合、無地とは限らず、無地に近いプリント、水玉、縞などでもよい。 黒色のモーニングドレスに白の付け襟をつけ、明るい感じに着こなすことよい。


モーニングドレス

近親者の喪服をいいます。故人への哀悼・謹慎さを表す意味で、華やかさを避け、慎ましく控えめに、光沢のない黒色の装いが基本です。シンプルなデザインで、丈もやや長めの丈でよい。


素材

光沢のあるもの、透けるものは避ける。レースの場合は、裏地付で透けないもの。ボタン、バックル、ベルトも共布で、黒のつや消しを用います。


アクセサリー

装身具:地味、控えめが原則。金、光る石、色のついたものは避ける。 黒か白のパールが一番多く用いられます。パールは涙を象徴するという意味で、吉凶両用に用いられますが、喪服の場合は、 凶事を重ねないという意味と、華やかさを避ける意味で、ネックレスは一連のものを使用します。


ブローチ・イヤリング

動きのある派手なものは避けましょう。銀は正式喪服以外で使用できます。 準・略式喪服の場合などには、オニキス、黒曜石、黒珊瑚もいいでしょう。


指輪

結婚指輪、婚約指輪はいいですが、石のついたものは、石を手の内側に隠すほうが望ましい。


バッグ

正式には皮製です。準喪服では合成皮革でもかまいません。 香典袋の入るくらいの大きさで、留具はあまり目立たない銀製が望ましい。


革靴、布などのパンプスが正式です。黒が基本ですが、ドレスに合わせ濃紺でもよいでしょう。ストッキングも黒が基本ですが、略式喪服では、グレーや肌色でもよい。


手袋

正装ではつけます。 黒の光沢のあるもの、皮製、レースは避け、手首が隠れる長さがよいでしょう。キリスト教では、献花の際、外す必要はありませんが、仏式では外したほうがよいでしょう。


帽子

キリスト教ではかぶることが正式とされています。喪主、親族者は、黒のフロントベール付の帽子をかぶります。なお、会葬者はベールの必要はありません。仏式・神式では、大きい葬儀会場ではかぶります。寺院や畳の席ではかぶりません。